自分で染めても染まらない・・・いざ白髪専門店に!

中学生の頃から、遺伝なのかなんなのかわかりませんが、ちらほら白髪が出てくるようになりよく友達から指摘されることがありました。 私は元々、髪の毛が細くて薄茶色のような髪質で、その頃は本当に一本、二本、程度だったので特に気にすることもなく、友達に見つけられた時にすぐ抜いてもらって事なきを得てました。

しかし歳を重ねることにより徐々にじわじわと目立つようになってきたので、いざ自分で白髪染めを購入し、家でセルフでカラーリングをするようなスタイルに。 そのうち、私のやり方が下手なのか髪質が染まりにくくなったのかよくわかりませんが、 段々と白髪がうまく染まらなくなってきたのです。

自分でそれを理解した瞬間は、計り知れないほどのショックに襲われました。 「しっかり染めたいな・・」 と思い美容室で染めることも考えたんですが、正直なんだか気恥ずかしくて、、、 どうしたものか、と考えている中、自宅から近いスーパーに、 新しくオープンした白髪専門店のお店情報をチラシで発見しました。

「これはちょっと行ってみよう!」 とすぐさま思い、さっそく行動に移すことにしたのです。

専門店は大型スーパーの中にかまえるテナントに顔を出してみました。 なんとなく抵抗はないのですがかなり緊張しましたね。

そして壁に貼ってある手順通りに、最初は自動券売機で清算を済ませ、店員さんに自分の地毛にはどの色のカラーが一番近いか見てもらいました。

ワクワクとドキドキ、相まっている中で染めてもらっている時はこの二つに縛られました。

 

内容はというと、シャンプーは自動で、ドライヤーによるスタイリングもすべてセルフだったので、正直美容室での気恥ずかしさもなく、 たんたんと済ませられたことになり、そして白髪もきれいに染まっていることもあり、 とても満足しました。すべて終えたのは時間にして約一時間。そんなに長くもなく、本当にとても良かったです。

やはり白髪染めと言っても、月に一度のペースだと髪を痛めてしまうので、 例えば、生え際などが白くなった場合はヘアマスカラなどでその部分をカバーし、 大体二か月から三か月の間のペースで、そして白髪の増え具合や量を確認し、白髪専門店で染めてもらう というスタイルに変えてからは、もう本当にあんなに悩んでいた白髪問題がなくなり、かなり快適になりました。

自分で染めてもなかなか染まらずただただ髪の毛を痛めてしまう。 そして白髪があるかどうかのチェックする頻度も減って、 本当にとても白髪へのストレスが格段に減りました。

市販の白髪染め、ビゲンスピーディーカラーを使用してみた

20代になる前から白髪がちらほらと出始めて、美容院に行くのが恥ずかしくて市販の白髪染めを試すようになりました。最初はブリーチでごまかしていましたが、なかなかごまかしがきかなくなって、白髪染めにチェンジしました。

 

色々試しましたが、ある時ドラッグストアで「ビゲン スピーディーカラー」を見ました。安いけど早く染まりそうだし放置時間が長いと頭皮に悪そうだからいいかもと思って試してみました。

色は、ライトブラウンとブラウン両方使ってみましたが、白髪染めって白髪の部分しか染めないんですよね。

髪全体を染めてくれるものだとずっと思っていました。だから、ライトブラウンが理想だけど、それだと白髪がしっかり染まらなくて、私のように白髪が多い人だと余計にきらきらと金髪みたいになって浮いてみえちゃうんです、白髪が。

それで、ブラウンを選択しました。

放置時間は自分は染まりにくいので若干長めの20分置いてシャワーで流してみたところ、しっかり染まっていました。

 

他の白髪染めもそうですが、染める時に必要な手袋とブラシはついているのでそれはありがたいです。

それでドラッグストアで安い時には1つ398円なので良心的だと思います。トリートメント成分は入っているようですが、シャンプーしてトリートメントをしっかりしないとかさつく感じがします。他の高い白髪染めにはトリートメントもおまけでついていたりしますが、私は普段自分が使っているトリートメントを使うのでいいかなと思います。

 

あと、この「ビゲンスピーディーカラー」がいいなと思ったのは、香りがあまりしないことです。

市販の白髪染めはそのもののつんとしたにおいが気になることがあります。ビゲンだからでしょうか。

そういえば、「ビゲン香りのヘアカラー」もいい香りとまでは個人的に思わなかったけれど、白髪染め特有の鼻に刺激があるようなにおいがしないかった記憶しています。

 

ただひとつ、しっかり洗い流さないと頭皮に残りやすいのが気になります。シャンプーを2回しても、それから何日間か頭皮を洗った時に爪に少し白髪染め剤がつくなということがいつもあります。

すすぎ方でしょうか、ちなみにこれを近所の美容室に持ち込んで使ってもらったことがあります。美容院はしっかり染めようとするからこれを2箱使わないと足りないと言われました。

私の髪の長さはボブですが、家でやる分にはなんとか1箱でもできないことはないのですが。それでも、安く済むし、香りはきつくないし、放置時間も短いというところが魅力的で気に入っています。

お金がかかるけど美容院派

白髪染め歴はもう10年になります。 家系的に白髪が多いので、私も30歳になる前ぐらいから白髪が目立ち始めました。 元々髪に対しては無頓着で面等くさがりやのために当初はケアをしていませんでしたが 段々と目立ち始めるようになって、家族や周囲から年取って見える、苦労しているように見えるので ケアをするようにすすめられました。

年齢的にも30歳頃であり、仕事も充実していた時期でしたし合コンにも誘ってもらえる時代でしたので アドバイスを素直に受け入れました。 自分でケアをするのが苦手だったので、通っている美容院でカラーをしてもらいました。 いつも通っている美容院ではカットに加えてカラーも行うと+3,000ぐらいで料金はそれまでの倍になってしまいます。

しかし、染めたことに関しては周囲はそちらの方が若く見えるのでよいと言ってもらえました。 以降は月1回の美容院のうち、3回に1回ぐらいのタイミングでカラーをしていましたがその頻度はどんどん上がりました。 33歳ぐらいになったときには2か月ももたなくなりました。

自宅でもヘアカラーを購入して少し試してみましたが 塗り切れていない部分が出てくるのと、乾くのに時間がかかるので余裕がないとうまくできませんでした。 結果として美容院での頻度を2か月に1回のペースに更新して3年ほど。 そして36歳頃から現在までは月1回の美容院で必ずカラーを行っています。 まわりの同世代で白髪が目立たない人を見ると単純な羨ましさもあるだけでなく、費用的な負担も少ないのかと思います。

 

年齢的には白髪が出てもそれほど不思議でない年代に差し掛かりましたが、実際に私の場合は何のケアもしないで数か月すると ほぼ真っ白になってしまうでしょう。 実際、美容院に行って最初にカットしてもらうと自分はもちろん初めてカットしてもらうスタッフの方はかなり驚いています。 染める頻度が高いことはダメージにつながるという助言もあったのですが、「でも染めないわけにいかないですよね」と伝えると 黙ってうなずいていました・・・。

 

また髪型も5年ほど前までは、普通にかき分けるような長狭でしたが現在は白髪の成長が目立ちすぎるために短髪に近いスタイルです。 このように白髪には経済的にもかなりの負担で悩まされていますが、染めることで少しでも若さを買えているのだと考えることで 自分のスイッチをオンにしています。

おかげさまで、見た目は実年齢より若く言われることが多いので白髪染めは若い方ほど重要です。

私がしている白髪染め方法

30代後半女性です。35歳くらいから、ちらほら白髪が部分的に生えてきていたのが、最近になって白髪が極端に増えてきてしまいました。 加齢や仕事のストレスも関係してるのかな、と思いますが、白髪って人に見られたくないものです。

まだ黒髪がほとんどですが、部分的にがっつり白髪が生えているような私の白髪染めの方法は、シエロが出している、”白髪が気になり始めた髪に”というタイプの白髪染めえを使用しています。

理由は、私は髪色を明るめのブラウンにしています。黒髪をしっかりブラウンにもしてくれて、なおかつ白髪もブラウンに染めてくれるものを探していました。 2カ月ほどたつと、髪の根元が黒く伸びてくるので、そのころにこのシエロの白髪染めを使っています。根元から4センチくらい塗るようにしています。

そうすると、当然黒かった髪はブラウンに明るくなり、白髪もブラウンになってくれます。 ただし、白髪染めをしょっちゅう使用すると、地肌も髪も傷んでしまうので、白髪染めをしっかりした後の期間に生えてきた白髪への対策は、 また別の手法を用いてます。

 

白髪染め後、何日間かで生えてきた部分的な白髪に対しては、ヘアマニキュアを使うことにしています。

ヘアマニキュアだと、普通の白髪染めよりは髪が傷みにくいので使用していても安心できます。

ただ、使用している白髪染めのカラーと、ヘアマニキュアのカラーが合わないと、部分的に髪の毛の色が変わって見えてしまうので、ここは注意が必要になります。

店頭で、ヘアカラーの見本色が陳列されていると思いますので、この色でカラーを確かめてより近い色を選ぶようにしています。

ヘアマニキュアの方が、カラーの種類が少な目なので、結構選ぶのに大変です。 私が愛用しているヘアマニキュアは、サロンド・プロになります。ここのヘアマニキュアは、最短5分で髪を染めることができます。

ただ、私の髪には5分という時間は短いようで、大体10分は放置することがようにしています。

このヘアマニキュアは1週間に2回くらい使用するようにしています。ちょっと使い過ぎ?かもしれませんが、私は白髪のギラついた感じがとても嫌で、 鏡を見るたびに白髪のことを思い出したくないので、白髪のギラつきを目にする前に、こまめに染めるようにしているのです。

 

お風呂入る前に、ちゃちゃっと気になる部分に塗って、少し放置してからお風呂に入って流すようにしているので、とても簡単で便利な使い方になります。

ヘアマニキュアを使用するのは、結構マメでないとすぐ白髪が見えてきてしまいますが、日常の習慣にしてしまえば、案外楽に白髪対策ができるものです。