お金がかかるけど美容院派

白髪染め歴はもう10年になります。 家系的に白髪が多いので、私も30歳になる前ぐらいから白髪が目立ち始めました。 元々髪に対しては無頓着で面等くさがりやのために当初はケアをしていませんでしたが 段々と目立ち始めるようになって、家族や周囲から年取って見える、苦労しているように見えるので ケアをするようにすすめられました。

年齢的にも30歳頃であり、仕事も充実していた時期でしたし合コンにも誘ってもらえる時代でしたので アドバイスを素直に受け入れました。 自分でケアをするのが苦手だったので、通っている美容院でカラーをしてもらいました。 いつも通っている美容院ではカットに加えてカラーも行うと+3,000ぐらいで料金はそれまでの倍になってしまいます。

しかし、染めたことに関しては周囲はそちらの方が若く見えるのでよいと言ってもらえました。 以降は月1回の美容院のうち、3回に1回ぐらいのタイミングでカラーをしていましたがその頻度はどんどん上がりました。 33歳ぐらいになったときには2か月ももたなくなりました。

自宅でもヘアカラーを購入して少し試してみましたが 塗り切れていない部分が出てくるのと、乾くのに時間がかかるので余裕がないとうまくできませんでした。 結果として美容院での頻度を2か月に1回のペースに更新して3年ほど。 そして36歳頃から現在までは月1回の美容院で必ずカラーを行っています。 まわりの同世代で白髪が目立たない人を見ると単純な羨ましさもあるだけでなく、費用的な負担も少ないのかと思います。

 

年齢的には白髪が出てもそれほど不思議でない年代に差し掛かりましたが、実際に私の場合は何のケアもしないで数か月すると ほぼ真っ白になってしまうでしょう。 実際、美容院に行って最初にカットしてもらうと自分はもちろん初めてカットしてもらうスタッフの方はかなり驚いています。 染める頻度が高いことはダメージにつながるという助言もあったのですが、「でも染めないわけにいかないですよね」と伝えると 黙ってうなずいていました・・・。

 

また髪型も5年ほど前までは、普通にかき分けるような長狭でしたが現在は白髪の成長が目立ちすぎるために短髪に近いスタイルです。 このように白髪には経済的にもかなりの負担で悩まされていますが、染めることで少しでも若さを買えているのだと考えることで 自分のスイッチをオンにしています。

おかげさまで、見た目は実年齢より若く言われることが多いので白髪染めは若い方ほど重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です